« ウニ殻へのめっき処理試作 | トップページ | 100均ライト改造報告No.1-2 »

2013年11月18日 (月曜日)

ウニ殻へのめっき処理試作2

 神奈川県三浦市の三戸海岸で拾ってきたウニ殻にめっきを施す試作の第2弾で、今回は電気ニッケルめっき仕上がりです。

11180006 11180014_2  電気ニッケルめっきで高い電流密度を掛け、ウニ殻の特徴的な突起をデンドライト状に伸ばしてみました。一般的にめっき業界ではデンドライト状めっきは好まれないのですが、あの特徴的な形状には生物的な美しさがあって、背後には同じ成長メカニズムが働いているんだろうと考えてます。

 試作報告書を作りましたので参照してみてください。⇒「PDFファイル:uni_BNi.pdf

Uni_bni

 この報告書をプリントアウトしてウニ殻と一緒にめっき業者かめっき薬品屋へ持っていけば試作してくれるかも。

« ウニ殻へのめっき処理試作 | トップページ | 100均ライト改造報告No.1-2 »

めっき処理の応用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウニ殻へのめっき処理試作2:

« ウニ殻へのめっき処理試作 | トップページ | 100均ライト改造報告No.1-2 »

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ